ブラックでもお金を借りられる中堅の消費者金融がある

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンはお金を借りたい時に便利な借り先です。

しかしどなたでもお申込みしたらお金を借りられるのではなく、審査に通過することが必要不可欠です。

このときの審査はお申込み者の信用力や返済能力などをチェックしています。

いろいろな審査項目がありますが中でも安定した収入があるか、ブラックではないかを重要視しています。

安定した収入が無ければお金を貸付しても返済を続けることが難しくなります。

滞納されるリスクが高い返済能力が足りない状態です。

ブラックでは過去にクレジットやローンを滞納していたり、債務整理を行った人なので著しく信用力が落ちている状態です。

安定した収入が無ければアルバイトやパートでも良いので働きに出れば解消することが出来ますが問題はブラックです。

削除されるまでブラック状態が続いてしまいますので、ご自身で解消しようと思っても出来ないです。

自己破産では7年から10年は削除されませんのでかなり長期間お金を借りることが出来ないです。

しかし中堅の消費者金融のキャッシングならブラックでもお金を借りられる可能性があります。

信用力や返済能力のある人は大手の消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンにまずはお申込みします。

中堅の消費者金融のご利用はこれらの借り先の審査から落ちてしまった人が多いです。

そのためブラックの人にも審査に通過させている中堅の消費者金融が見られるのです。

最近ではインターネットでお申込みすると即日融資が受けられる中堅の消費者金融も多いです。

その代わりにお申込みされる中堅の消費者金融で過去に返済を滞納したり、債務整理を行っていると審査に通過するのは困難です。

ブラックが記録されているのは信用情報機関です。

例え信用情報機関に残っているブラックが削除されても、消費者金融の社内で記録を残しているので会社を替えてお申込みすることが必要です。

その他にも総量規制で年収の3分の1以上はお金を借りられませんので、収入の少ない人や他社の借入が残っている人は注意が必要です。

失敗を糧にする

金融機関からお金を借りる際、必ず行われるのが審査です。返済能力を調べるものであり、当然、審査に通らなければ、目的のお金を手にすることはできません。また、たとえ審査に通っても、自分が希望した融資額になるとは限りません。あくまで、金融機関独自の判断になります。けれども、俗に言うブラックリストの中に入っていれば、融資を受けられないようになります。ブラックリストと言っても、雑誌ではなく、信用情報機関での事故歴となります。一般的には、5年から10年の間、事故歴が記載されるようになります。金融機関は、申込があれば、自社が登録している信用情報機関へ問い合わせをします。そのため、事故歴があれば、融資を受ける可能性が低くなります。とりわけ、酷い延滞であったり、あるいは、法的処置である債務整理を行っていれば、掲載期間内に融資をされる可能性がほとんどないでしょう。とりわけ、大手の金融機関であれば、ほぼ100パーセント審査に通ることはありません。けれども、翻って考えて見れば、最高で10年間、現金主義で暮らしてれば、再度金融機関からお金を借りることができるかもしれません。現に、自己破産をし、5年あるいは10年後に、カードローンやクレジットカードの審査に通った人もいます。現金主義の間に、お金に対する姿勢を改め、自分なりの使い方をきちんと身に付けておくことが大事でしょう。失敗は成功の基、と言いますが、まさにそんなことに該当するように思います。そうは言っても、金融機関の中には、色々なところがあります。債務整理から2年や3年で融資を実行したとの情報もあります。けれども、申告した時の状況が、金融機関の審査レベルに合致していたことから、たまたま融資を受けられた、ということも考えられます。結局、金融機関が大事にしていることは、現在の状況であり、返済してくれるか否かが、重要な問題となります。それに自信がないのであれば、たとえブラックリストから自身の記録が消えたとしても、再度融資を申し込むことは、止めておくべきかもしれません。しかし、再出発ができないと言うわけではありません。自分はブラックだ、と思えば、足下から見つめ直していくことが、やはり大事なことでしょう。